昨日の今日

昨日の今日

お笑いとテレビと映画と本と音楽と…

カナメちゃん村公開収録vol.1『畳を叩けば』

f:id:You1999:20211016000041j:image『カナメストーンのカナメちゃん村』初の公開収録を目撃。なんとも楽しいライブ!でありました。サイン入りの限定クリアファイル付き(ファイルの中には会場限定特おた*1の用紙が入っていたのだけど、結局2通ほどしか読まれませんでした。なんだか思惑通りには進行できていないのもvol.1っぽくて良かったです)でいつでも写真撮影OK!どんどん拡散してください!とのこと。300人ほど収容の野方区民ホールでありましたが新宿バティオスでのお笑いライブシーンのような趣もありました。

会場が暗転し、合唱曲『時の旅人』が会場を包み込むと、

めぐる風めぐる想いにのって
すばらしい明日に会いにゆこう
めぐる風めぐる想いにのって
なつかしい明日に会いにゆこう
めぐる風めぐる想いにのって
すばらしい明日をうたおう
ぼくらは旅人 夢の旅人
ララララララ旅人
ぼくらは旅人 時の旅人

白T短パン姿の零士と柳沢のサッカー日本代表ユニフォームを着た山口が現れ、村民村人からの盛大な拍手で出迎えられる。「普段通りの収録風景をお見せします」ということでリラックスした、ありのままの雰囲気の2人を見ていたら胸がときめいてしまった。零士は緊張していたようで机に広がった台本用紙をガサガサとめくり忙しくしていたのだけれど、余裕綽々の山口が太ももをカリカリと掻いている姿なんかを目撃すると、この2人の関係性、カナメちゃん村が今、目の前に広がっているのだなあとため息をついてしまうほどに感動的に思ってしまった。「めぐる風めぐる想いにのって なつかしい明日に会いにゆこう」と幕を開けたカナメちゃん村公開収録vol.1『畳を叩けば』は、まずもって、その歌詞通りにカナメストーンの懐かしい日々へと村民村人を連れて行ってくれる。

公開収録じゃん。まあ、緊張してないと思ってたんだけど、知らない間に何年ぶりかでシャドーボクシングして落ち着かせてたの。[・・・]駅伝のときに一回心拍数上げておいた方が本番落ち着いた状態でできるからって、鹿間先生が言ってたじゃん

駅伝の話、体育の先生の口癖、その先生から山口のグロテスクな性癖が開発させられたこと。2人の懐かしい日々のトークが次々と披露される。まったく知らない他者のトークであるはずなのに村民村人も一緒になって笑えるのは、これまでの『カナメちゃん村』の積み重ねがあったからであろうし、それほどにカナメストーンと村民村人は長い時間を共有してきたのだ、という証左でもある。そう、最初の『時の旅人』でも、単数ではなく、ぼく“ら”という複数形なのであって、一緒になって時を超えていこうというカナメストーンからのメッセージがあったのかもしれない。めぐりめぐれるほどにカナメストーンと村民村人との関係は強固なものとなっていたのです。


www.youtube.com

ジングルを挟み、後半では、ニューヨークYoutubeチャンネルで明らかになったカナメストーン750万円の借金トークに。寝起きであったがためにペラペラと借金があることを暴露してしまったという零士はニューヨークに怒るわけでも、借金を反省するわけでもなくて、「カナメストーン750と刺繍されたグッズを作りたい!!!」という方向に話が進んでいくことに笑ってしまう。ここにカナメストーンが詰まっているではないか!ズレているという言葉では言い表せないような2人の思考は無限の幸福感で溢れているし、このピュアな思考こそカナメストーンここにありという感じでした。さらに、木が2本さんの「カナメ韻ストーン」と意味深長もしくは無意味なコーナー「山口人生」と充実した時間が続き、そして、本公演の白眉である、“#カナメちゃん村”で呟いてくれた人の名前を読み上げ感謝を伝えるというコーナー「零士人生」に入ると公開収録のボルテージはピークに。名前を読み上げる零士の横でピッ!ピッ!と笛を吹き鳴らす山口の壊れ方!イカレ具合!f:id:You1999:20211031000314j:image警備のバイト経験を生かしたというホイッスルさばきによって野方区民ホールは異次元の笑いに包まれる。山口の何を考えているのかわからない、機械的な佇まいには狂気さえ孕んでいるのだけれど、会場では笑いが起こる。この複雑怪奇な空間にまったく痺れてしまいました。勢いそのままにエンディングへ。一応、FLASHの1番組である『カナメちゃん村』。他の番組との交流の話になり、

シシガシラの脇田さんもいれば一緒に告知とかもできたのになあ

と零士が呟くと上手からシシガシラ脇田が登場。f:id:You1999:20211031001321j:image「見てください!いつも言ってる、ネイマールが着ている私服と同じ色のパーカー!」と言う零士に「これさ?マジで毎回なんでウケるの?」と脇田も『カナメちゃん村』の複雑なテンションに飲み込まれていく。

それでね、もう一番組やってたりするじゃないですか。忘れる。の『もしトラ』とかも。いればねー…いるわけないですもんね…

とまた零士が呟くとf:id:You1999:20211031001955j:image今度は忘れる。の橋本が登場!「フリが細いって!」と叫びながらやってきた橋本に続けて、

ゲストにシーズン2とかに出てもらったのかな?あれ、初っ端?初っ端のゲストは銀兵衛・小松か!さすがにいないだろうなー

という、もうこうなってくるとただただ召喚の合図なのだけれど、案の定f:id:You1999:20211031002731j:image銀兵衛・小松が現れる。「なんでいんのー!みんないんじゃん!お前らなんで頭丸いんだよ!」という絶叫につつまれ、「あんま出たことないけど、ケビンスの山口コンボイはいないよなー」と言うとf:id:You1999:20211031003131j:image「『カナメちゃん村』リスナーなんですよ」と山口コンボイがやってくる。もはやなんでもあり。いったい何人出てくるのだ!と腹を抱えて笑ってしまうのだけれど、最後には、

散々言ってる黄色いゾウさんもいないよなあ

と零士の合図に従ってf:id:You1999:20211031003505j:image下手から黄色いゾウさんも参戦!「僕のお母さんはカナメさんのこと嫌いですもん」という言葉に零士が絶叫し、本当のエンディングへ。山口の終了を告げるホイッスルが鳴り響き公開収録は終了。なんとも幸福な時間でありました。そう、カナメちゃん村公開収録vol.1『畳を叩けば』は一貫して『時の旅人』をテーマにして終わっていったのである。もう一度引用しておこう。

めぐる風めぐる想いにのって
すばらしい明日に会いにゆこう
めぐる風めぐる想いにのって
なつかしい明日に会いにゆこう
めぐる風めぐる想いにのって
すばらしい明日をうたおう
ぼくらは旅人 夢の旅人
ララララララ旅人
ぼくらは旅人 時の旅人

山口の2006-2007日本代表ユニフォームが示唆するように*2、カナメストーンは10年ほどで出会った仲間たちと積み重ねてきた「時の旅」を舞台上で繰り広げてくれたのである。公開収録後には、そんな戦友への誕生日プレゼントとして骨伝導イヤフォンを手渡していました。f:id:You1999:20211031005009j:image村民村人のみんなが思ったであろうけれど、750万円の借金があるのに、だ。その返済が終わるまでは、vol.2、vol.3…と続いていくことでしょう。次回の開催楽しみですね。オズワルド、ニューヨークとゲストも豪華になっていくかもしれない。

open.spotify.com

*1:『カナメちゃん村』では普通のお便りではなく特別なお便りとして、特おたと呼ばれている

*2:カナメストーン結成は2009であるけれど