昨日の今日

昨日の今日

お笑いとテレビと映画と本と音楽と…

この微熱はあの日の夢の中


www.youtube.com

キングオブコント2021』決勝。1番笑ったネタはニッポンの社長『バッティングセンター』でした。野球部が制服のままバッティングセンターで打っているということは部活動が休みであるか、サボってしまっているのか、もしくは怪我をしているとか、テスト期間であるからその帰りにちょっとだけ打っときたいとかなのだろうか、部活終わりに着替えてそのまま来たのだろうか、そんなときに、いつもとは違う時間に来てしまったために、奇妙なおじさんと遭遇することになる。という構造的な繰り返しがおもしろいコントであるけれども、しっかりとストーリーの奥行きもあるのです。ケツの顔というものはものすごい武器だし、辻さんの抑制された演技もちょーいい。今年のは伝説の大会になるとの評価で埋め尽くされているのだけども、私はなかなかそうは思えなくて、大会としてのまとまりは良かったけどもネタ自体は昨年と比べて特別に面白かったかと言われるとそんなこともないと思う。昨年のロングコートダディとかの方がめちゃ笑った気がする。今回は決勝直前に審査員が変更されることが発表されたわけだけれども、それによって影響を大きく受けたコンビがニューヨークであると思う。昨年、『ヤクザ』がバナナマンから高得点をもらっていたのだし、審査員が東京03飯塚、かまいたち山内、バイきんぐ小峠、ロバート秋山になるのが準決勝に入る前にわかっていたらネタ選びも変わってきただろうなあ、と。『コンビニ』『フリーター』などもあるわけだし、魅せるコントを用意できていたはずである。残念、また来年です。いろんなところで褒められているニューヨークだけども、ランジャタイの褒めが1番良かったなー。


www.youtube.com

高円寺組で写真を撮ってるのもいい。良ちゃんは本当にかわいい人である。

 

 

月曜日。ワクチン接種2回目。クラシック音楽が流れる部屋でクラゲがぷかぷか泳いでいる映像を観ながら15分待機した。1回目よりもワクチンを打った!という感じはあって腕が重たいような気がする。帰りにBOOKOFFに寄ってみたけれど収穫はなし。本屋で藤本タツキ短編集『17-21』、『アオのハコ』2巻、『ダンダダン』2巻を買う。

『17-21』は藤本タツキを読むうえでめちゃ重要な作品だった。これを読むのと読まないのでは『ルックバック』などへの解像度がまるで違ったものになる。

CDTV』でAKB48とOH MY GIRLを観る。おまごるのステージはYoutubeで見られますので、ぜひ。この前、Eテレハングル講座』には出てたけれど、歌唱としては日本のテレビ初らしい。


www.youtube.com

しかし、MVを観ていると幻想的な印象なのだけど、曲だけ聴いているとなかなかのディストピアだなあと思う。みんな声がお美しい。AKB48で『PRODUCE48』みたいな選抜をかけた番組やってほしい、とか思った。

夜。熱が出てきたような気がするのだけども、なんだか眠れず、リヴァプールのシティ戦を観る。なんとも素晴らしい試合で、クラクラ。サッカーやりたい!というより試合をしたい!という気持ちが昂ってくる。11人と11人を揃えるなんてことはもうできそうにもないので悲しいことである。リヴァプール2点目、サラーのゴールにはめちゃ興奮してしまう。足裏でサラリとかわして、左足でちょこんと触ってカットインの巻いていくシュートを意識させながら、そこから切り返して右足一閃…!切り返しも深い!とんでもないゴールだ。左足でちょこんと触るのには反応せずにはいられないので、これはしょうがないし、止められないよー。


www.youtube.com

しかし、この試合のMOMはベルナウド・シウヴァなのです。細かなタッチと相手の前に上手く入り込む美しきドリブル!そして、めちゃんこ走るのだ。サラーやソン・フンミンのような突破系のドリブルもすこぶる好きなのだけれど、シウヴァのようなエレガントなドリブルもめちゃ好き。シーズン前に売られそうだったなんて信じられない活躍である。それとジェズスがウインガーとして素晴らしい成長をしているのも嬉しいしビックリです。ユヴェントスにくるなんていう噂もあったのだから悔しい。

火曜日。朝起きて、体温を計ると39.0。2週間前くらいからグループLINEで高熱が出たという体温計のスクショが友だち間で共有されていたので、「俺も高熱だ!」と何故か嬉しくなり、体温計の写真を撮って「俺も!!」と送りました。

水を飲んでソファーに座り、安住紳一郎MCの新番組『THE TIME,』をぼけーと観る。比嘉愛美がランニングし7:30をお知らせしてくれた。ちゃんといつも走っている人の走り方で綺麗だった。『ラヴィット』が始まる前に、録画しておいた『有吉クイズ』レギュラー初回放送を観る。歌舞伎町の奥深くにある中華屋さんに入っていくの怖すぎたのだけど、豚の脳みそをガツガツ食べる有吉を観ていたらなんだか力が湧いてきた。『ラヴィット』にはSnow Man佐久間くんが出演していて、家にあるフィギュアのコレクションを披露して『とらドラ逢坂大河のウエディングドレスverについて熱弁してくれた。良い。私もフィギュア欲しいと思うことがあるのだけれど、一体でも家に置いてしまうと、二体、三体…と増えていき、埒があかなくなってしまいそうで恐れている。そのため、私の家には誰もいない。欲しいのをあげるとすれば『よつばと』よつばちゃんか『とある科学の超電磁砲白井黒子がお家にいてほしい。『ベターマン』彩火乃紀もいいかもしれない。そうそう、佐久間くんといえばメジロマックイーンだけども、私もウマ娘をダウンロードして、ついに始めてしまいました。お気に入りのウマ娘メジロマックイーンアグネスデジタルなのです。2人とも頑張ってくれています。しかし、ゴールドシップのキャラデザには納得できていない。ゴールドシップってもっと白くて美しき、ゴージャスな感じであってほしい。あんな、おっとり〜って感じではないような気がしている。あと、私は2013〜16年ごろに活躍していた競走馬が好きなので(そのときにハマって見ていただけだが)、そこら辺が出てくると嬉しいなーと思う。オルフェーヴルジェンティルドンナハープスターとかとか。『空気階段の踊り場』タイムフリーを聴く。銀杏BOYZ『エンジェルベイビー』来週は岡野さんが来るらしい、楽しみ。空気階段の大踊り場チケット当たるといいなー。

夜。微熱を保ちながら、『芸能人格付けチェック3時間SP』を観る。むずい。こんなんわかるわけないのだけども、お正月のGACKTはすべて正解するのだよなあ。おかしい。

水曜日。乗代雄介『旅する練習』でも扱われていた、志賀直哉邸書斎の修復クラウドファンディング記事を見て1日が始まった。まだ微妙に熱はありそう。

www.city.abiko.chiba.jp

『旅する練習』好きだし、志賀直哉も好きなので、これは寄付するか!!とは思えないので、文化を継承していくことがいかに困難なことであるかがよくわかってしまう。実際の志賀直哉邸書斎を肉眼で見たことがあれば、もう少し気持ちに変化があるのかもしれないので、千葉県我孫子市に行ってみようかとも思うのだけれど、それもなかなかどうして気が向かない。

夕方、Twitter森田まさのり

キングオブコントの松本さんとニューヨークのやりとりについて、ニューヨーク態度悪いとまともにとらえてしまう人が多くて驚く。

と呟いていた。最近の吉祥寺サンロード看板は森田まさのりであります。f:id:You1999:20211006024031j:image井の頭線のホームで待っていたら和田誠展のポスターを見かける。10月9日から始まるらしい。和田誠『だいありぃ』も発売されるので買おう。和田誠が表紙の本って何でも良く見えてしまうので不思議だ。そうそう、ヤンキーといえば今は『東京卍リベンジャーズ』だろうけれど、あんまり好きになれない。登場人物たちが全然バカじゃないし、ヤンキーであるならばなんの理由もなく喧嘩しろや、と思ってしまう。タイムリープとかいらないのだ。なんかムカついたから殴った。俺が1番じゃないから殴った。そこから大きな戦争へ、と。そんな感じが良い。それだけがいい。帰り道、『83 Lightning Catapult』を聴く。アルコ&ピース酒井と三四郎・相田のポッドキャスト番組!!ってなにそれ、最高すぎじゃありませんか。半年限定だそうだけども、なんとか長寿番組になってほしい。

open.spotify.com

今夜くらべてみました』に本田仁美が出るので観た。1日100回の腹筋が日課であるらしい。CR7じゃん。BGMにIZ*ONEの音楽が流れていて良かった。私は最近、『ご機嫌サヨナラ』が好き。

水曜日のダウンタウン』ーおぼん・こぼん ヒストリー/THE FINALーという2週に渡るエンターテイメントを観た。うえーおいーなんでーそうなっちゃうのーお前いらんことすんなやーという連続でしたが、最終的に「良い漫才がしたい!」ということで仲直りするのが素晴らしいし、結局そういうことなのだなあと思った。ニューヨークだって、『M-1』2019決勝に行けたから良かったわけだけど、2017,18年などはあんまし良い仲ではなかったのだし、漫才師というのは自分らの芸事が上手くいっていれば仲良くできるし、そうでなければ仲が悪くなるということであるので、おぼん・こぼんの場合は逆転の発想で「仲を元に戻して良い漫才がしたい!」となるのはある意味で正攻法のゴールへの道筋であったのだなあ、と思いました。ニューヨークが70歳とかになったらどうなってんだろ。仲悪いまま漫才とかやってるのだろうか。おぼん、こぼん見て、老人になるとあんなになるのかなあとも思いましたよね。

木曜日。『ラヴィット』で矢吹奈子とニューヨークが共演しているのだけれど、なんだか頭がバグりそうです。矢吹奈子は本当に無敵なオーラを出している。強い。声が素晴らしいので声優やってほしい。福原遥の声優は大成功だったわけだし。

チョ・ユリのソロデビューをチェック!めちゃ良い。衣装かわいい。ユリはYUKIであるので(『IZ*ONE CHU』シーズン1での梅干しおにぎりに震えるユリとかはめちゃYUKIなのです!髪型の感じとかも!)、


www.youtube.com

YUKIみたいな曲、もしくはなんかの奇跡が起こってカヴァーしてほしいです。最近、YUKI『まばたき』をよく聴いている。

まばたき

まばたき

Amazon

さよならバイスタンダー』が好きなのです。が、『3月のライオン』全然追えていないので、どこかのタイミングで一気読みしたい。アニメは途中まで観ていた。地震があった。震度5弱だったらしい。かなり揺れて、おお〜と声を出してしまった。ほんとに不謹慎かもしれないのだけれど、怖いという気持ちもあるにはあるのだけどなんだか高揚した気持ちも存在してしまうのは何故なのだろうか。うおっ!テレビ、テレビ、とチャンネルを順繰りして、お〜みんな地震速報ニュースをやっているなあ〜とか思ってしまう。

金曜日。朝起きたら、日本代表が負けていた。アウェイでのサウジアラビア戦0-1である。来年のワールドカップを本当に諦めなければいけないかもしれない。それもコンディションが安定しない柴崎を起用して、彼が不用意なバックパスを掻っ攫われて失点というあまりに悲しい事故が起こってしまったのだから、どうにも…。森保さんって冨安が加入したのであるからアーセナルの試合くらい観てるのだよね?と不思議に思ってしまう。サイドに幅と高い位置取らせたいのだけど、CBとの距離ができるのであれば、そこにボランチを下げてくるなども考えてないのだろうか。そして、そこに最適な選手の当てはめ、など。ウーデゴールのやつとか知らないのだろうか。しっかり前を向いてプレーできるだけで柴崎も少しは変わってくると思うし、それか中盤3枚にして後ろのケアをしっかりしながら柴崎OMFでとか。しかしまあ、守田、田中碧がいるのだから、彼らを先発させているほうが良いことはもはや周知のことであるのだが、なかなかどうして。

ウォニョンがBTS『Butter』をcover、男の子はENHYPENソンフンという子らしい。めちゃ爽やか。ソンフンといったらソン・フンミンを思い出すわけだけど、BLACKPINKジスとの熱愛報道されていた。しかし、まったくのガセネタらしい。


www.youtube.com

ウォニョン!なんなのですか。ウォニョン!ソンフンくんの肩越しに見えるウォニョンの髪がユラユラ揺れている…!めちゃ映像的なのだ。

20時20分ということでabemaのアイコンをタッチする。なんだかもっとグループのわちゃわちゃ楽しい!仲良し!が観たいのだけれど、『PRODUCE48』などと比べてそういったシーンが少ない気がする。ルイチーにたくさんの愛が降り注ぎますように…と願って観ていました。悪い編集だった。Youtubeのおすすめにルイチーが恋愛サーキュレーションを口ずさんでいたりしている動画が回ってきたのだけど、とても愛おしい。

そして、『U+Me=LOVE』めっちゃ最高じゃないですか!!!曲が良いので繰り返し聴ける。最後の展開とか震えるものでありまして、


www.youtube.com

ヨンウンめちゃスター!スヨンカッコいい!紗奈美しきヴォイス!足速いメイちゃん!

土曜日。『クーリエ:最高機密の運び屋』を観に行こうと身支度していたら、柳家小三治の訃報が。

悲しい。しかし、落語は継承していく芸術であるので、柳家小三治の想いもしっかりと受け継がれていくのだ。きっと、そうなのである。

『クーリエ』めちゃ良かった。前半は『工作 黒金星と呼ばれた男』を思い出すけれど、後半にかけてはテレンスマリック『名もなき生涯』であり、良心的兵役拒否をしたフランツが狭い独房で耐え忍ぶ姿が思い起こされるのであって、ウィンがアレックスに世界が何とか保たれているのはお前のおかげだと伝えるシーンはさすがに泣けてしまう。画面設計も整理されていて緊張感抜群。良い映画を観ている!という幸福感がありました。

you18892.hatenablog.com

Netflix『セックス・エデュケーション』シーズン3を観終えた。完走。5話でフランス修学旅行で墓地に行くのだけれど、そこでエイミーとメイヴのこんな会話がある。

良心的兵役拒否って?」

「信念のために戦争に行かないことよ」

「私も信念を主張したい。性教育の時のメイヴみたいに勇気を出したい」

「出せるよ」

信念をいかに共有するかといったところがシーズン3のテーマになりうるわけで、しかし、信念といったことだけでいったら新校長・ホープもまた信念のために、制服、校則、壁を塗り替えるなどするわけであって、そうであるから日本のことなどと比較して「校則が常態になっている日本最悪…」というはここでの問題としては違くて、それが議論なしの一方的な抑圧的な方法であるのが問題なのであって、実際、めちゃくちゃの無法状態で落書きだらけの学校に一定の秩序がもたらされることに助かった生徒もかなりの数あると思う(私もその恩恵を間違いなく受けると思うし)。だから一般公開日の生徒側の反逆とかもわりとノレない感じはあるのです。校長の独裁的なやり方は最悪だったけど、お前らのそれは生徒側の理解を共有しているのかというのあるし。それで言いたいことあるなら言ってねとなるならそれら校長と何ら変わらないしね。フランス修学旅行のバスの中でつまんなそーにトランプをしている奴らがいたけど、私はそんな奴らに平穏を!と思っているので。8話で

安全に声を上げられる環境がなかっただけ

とオーティスがホープに言うのだけど、まあそういうことなのだよなあ、と。難しいですね。個人的にシーズン3はオーティスとルビーがだんだんと近づいていく前半パートが好きでした。f:id:You1999:20211011211553j:imageルビーは『リセス 〜ぼくらの休み時間〜』でのアシュリー・アルムブルスターみたいなキャラクターであるのだけども、シーズン3はステレオタイプの造形から一歩踏み込んだ描写によってめちゃキュートになっている。とくに3話の終わりで「愛してる」と言ったあとに、「うへっ!言っちゃったよ!」という顔はスーパーキュートなので繰り返し観ること推奨です(また、大きな電話を使っているのもかわいい、ロメール映画ですか?って感じです)。

クーリエを観た帰りに和田誠『だいありぃ』を買う。

手書きの日記なので、覗き見ている感が凄く強い。そうであるからして、内容も濃密度。おすすめです。最近刊行された『あのころなにしてた?』も良いです。題名にさりげなく入っている「ころな」という通りにコロナ禍の生活が記録されているので、日記本としても読める。岩井勇気が表紙でもある『波2021年10月号』ではカトチエの書評もあって、

ただの生活。それがどんなに尊いものか、わたしたちはこの一年で思い知らされている。どこかで誰かが生活している記録が、ひどく胸を打つ。自分と同じ部分を見つけて共感し、自分と異なる見方に感心する。本書では、戸惑いや不安といったものは多く書かれているが、怒りはほぼなかったのも印象的だった。そして、そのことで安心した。

うむうむ。そうだよね。と頷きながら読みました。

上白石萌歌が『LOVEFAV』で綿谷りさ『意識のリボン』を紹介していた。そして、ゲストには折坂悠太。LOVEなものはバッタらしくて、有機的なものに触れようと心がけているらしい。アルバムの中からは『心』がセレクトされていた。

心理 (初回限定盤)

心理 (初回限定盤)

  • アーティスト:折坂悠太
  • ORISAKAYUTA / Less+ Project
Amazon

なんでこんなに良いのだろうね。『心』『トーチ』『윤슬(ユンスル)』『鯨』好き。演奏と歌唱でもって大きく広がっていく楽曲もあれば、心の内奥にゆっくりと届く音色とフィーリングが素晴らしい楽曲もあるし、またささやか読まれるような科白は生で聴くとなると本当に心の中で鳴るのだろうなあと思いますね。とりあえず抽選チケットを申込みました。LINE CUBE SHIBUYA、好きな会場なので嬉しい。10月の始めの『眠いいね』で渡辺大知が『朝顔』を寝る前の曲としておすすめしていたのだけど、クドカンはなぜかニヤニヤしていた。番組内でクドカンの本棚を公開していたのだけども、劉慈欣『三体』などもしっかりとあって、ちゃんと呼んでるんだなーと思いました。

オールスター感謝祭』を観る。今期TBSドラマで観るのは、『婚姻届に判を捺しただけですが』くらいかなあと思っている。なんてったって菅波先生(坂口健太郎)が主演なのです。観るっきゃないですね。そのあと『オールスター後夜祭』も観た。

日曜日。友達と会う。居酒屋で最近毎日のように見ているユッケを食べて、冨安がすげーとか、吉高由里子ってすげーとかの話をした。緊急事態宣言も明けたことだしどこかに行きたいね、と解散した。なんか話したいことがあったはずなのだけれども、思い出せなくて…というようなことを繰り返して生きている。メモでもしていこうか、と毎回思うのだけどもすっかり忘れてしまう。残念です。帰ってきて、もうすぐ『BLUE GIANT EXPLORER』4巻が発売されるで、1〜3巻をパラパラとめくって、寝た。